金曜日, 5月 12, 2006

■クライン孝子先生が「訴えてやるッ!!!!!」だって(笑

人気blogランキング←click here!!!



■クライン孝子先生が「訴えてやるッ!!!!!」だって(笑


●クライン孝子先生が、今度は、「名誉毀損」だかなんだか知りませんが、小生を訴えるつもりらしい。というか、「訴えてやるッー」とブラフをぶちかましてくれました。おおー、テリブル。怖いですねー。

さすが小泉・安倍という官邸筋の「パシリ」として精力的に活躍する大先生です。警察も裁判所も、「いつも自分の味方だ」ということでしょうね。

ところで、小生にそのいかがわしい反天皇的発言(秋篠宮夫妻罵倒書き込み…)を指摘されて、あわてて、「クライン孝子の日記」のログから、こっそりと削除した「令泉文恵」様の数々の「不敬罪」(笑)発言の方はどうなさいますか。平沼氏や亀井氏に対する誹謗中傷発言の数々・・・。まさか、お忘れでは…。あるいは、ご自分には何の責任も無いとでも。

また、この度は、「つくる会騒動」における西尾幹二氏の言動を、「米中代理戦争」「中国の手先」「中国の工作員」…と誹謗中傷しているようですが。ご自分の西尾幹二氏に対する「名誉毀損罪」はどうなさいますか。まさか、「愛国無罪」とでも…。

しかも、ご自分では、いつも、そのメルマガで、「彼は中国の手先・スパイ…」「彼も朝鮮工作員の手先…」と、さんざん誹謗中傷発言を繰り返しておいて、逆にご自分が誹謗中傷の「ターゲット」になりそうになると、今度は大真面目に、「名誉毀損だ…」「警察だ…」、「裁判だ…」と騒ぎ立てるところなど、誰かによく似ていますね。

子供の喧嘩じやあるまいし。言論には言論で勝負しろよ…とでも言いたくなる今日、この頃です。

子供の喧嘩じやあるまいし。言論には言論で勝負しろよ…とでも言いたくなる今日、この頃です。

さてそこでクライン孝子大先生からのメルマガです。(笑)

====================
■2006/05/11 (木) 山崎行太郎氏、こういう罪をご存知ですか?

名誉毀損罪
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名誉毀損罪は刑法230条に規定される罪。公然と事実を摘示し、
人の名誉を毀損した場合に成立する。事実の有無、真偽を問わない。
ただし、公共の利害に関する事実に関係することを、
専ら公益目的で摘示した結果、名誉を毀損するに至った場合には、
その事実が真実であると証明できた場合は処罰されない
(230条の2第1項)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー以下略ー
=====================





●クライン先生のワンパターン思考法。「クライン孝子の日記」より、ご参考までに…。

>>
■2005/07/31 (日) わが身を守るためにもスパイ防止法は必要

スパイ=工作員の巧妙さは、「なりすます」ことで、一見
味方のように見せかけて、体制内に潜伏し破壊活動に
携わることです。
ドイツ人などは、そういう点にかけては東西ドイツ分断で
訓練されて,国民一人ひとり、人一倍
用心する癖がついています。

私も長年ドイツにいるせいで、
ネットなどでも、胡散臭いのは、
力をつけないうちに、その都度、
手を回して、チェックしてもらうように
しております。

スパイを取り締まる法律がドイツにはあるからで、
これによって、ドイツ国民の安全は、最近のテロを含め守られている
といっていいでしょう。

にも拘らず、過去において体制側に潜伏して、国を裏切る行為はあとを
絶たず、
その成功例も
枚挙に暇がありません。、
・・・・・・・・・・・・・
<<


●クライン孝子先生が、早速、「なりすまし」の「冷泉文恵」さんに一杯食わされた見本。




>>

■2005/08/01 (月) 裏切代議士が選ばなければならなかった道?

初代欧州中央銀行総裁としてユーロ導入では猛奮闘したオランダ人ドイゼンベルグ氏が、フランスの別荘で急死した。
遺体はプールで発見されたというから、
心臓に欠陥のあった氏、水泳中発作が起きたのではないか、と
検察側は語っている。

最近は、足が遠のいた欧州中銀の記者会見だが、
氏が総裁だったころは、真面目に出席し、
あのライオン顔で、ぶっきらぼうに、記者の質問に答えるのを
楽しみにしていた私。
今日はこのエピソ?ドを日記に
書こうかなと思っていたところ、
突然日本から
永岡洋治衆院議員自殺
 というニュースが飛び込んできた。

永岡議員は茨城県出身。東大法学部を卒業後、
ハーバード大の大学院を修了、農林水産省入りし、その後、
03年4月の衆院補選で茨城7区から立候補して初当選し、
同年11月に再選を果たしたという。
現職の国会議員の自殺は、98年2月の新井将敬衆院議員(当時50)以来。
氏は郵政民営化反対ではその先頭に立つ亀井派に所属しながら、
衆院本会議での採決では賛成票を投じ、仲間内で批判の矢を浴びて
いたというから、それを苦にしていたのではないか。

しかも参院で郵政民営化法案否決となれば解散嵐が待っている。
となると先立つものはカネ。
賛成に回った永岡代議士はさらに窮地に追いやられる。
何しろ、亀井親分を裏切ったのだから。

そこで冷泉さんのメール一部ご紹介します。

>>
>真夏の選挙は厳しく辛い。
まして党公認から洩れた候補者は暑さに加えて金銭地獄とも戦わなけ
ればならないのである。
国政選挙ともなれば、かかる費用は桁を外れる。
地盤看板の薄い駆け出し議員には一層の過酷な出費が強いられる。
応援隊に支払う賃金は一日50万、それに加えての雑費50万が相場
なのである。
軽く見積もっても一日百万、一ヶ月なら3千万となる。
亀井静香のように五菱会と取引がある議員なら、屁でも無いような
金額だが、極道衆と無縁の議員にとっては絶望的な金額だ。
『勘弁して下さい』が、大方の議員諸君の本心なのである。

それでも当選すれば何とかなる。
当選お礼パーティーを五回も開けば元が取れるだろう。
その反対に、落選したなら奈落の荒原が待っている。
議員会館から追い出され、年間数千万の議員報酬と公設秘書が消滅する。
もちろん不逮捕特権をもである<
<<




●参考資料ブログ。


大和ごころ。ときどきその他

Let's Blow! 毒吐き@てっく

西尾幹二インターネット日録・ブログ

『クライン孝子日記の読者の日記

新田均「つくる会の体質を正す会」ブログ

kotori lovelove diary

kotori lovelove diary

1 Comments:

At 12.5.06, Anonymous kihachi said...

山崎先生、頑張れー!

 

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home