月曜日, 5月 08, 2006

■竹島紛争・・・小泉官邸は見て見ぬ振りをしていた

人気blogランキング←click here!!!



●「週刊ポスト」のスクープから。小泉官邸は、竹島周辺海底調査で、終始、逃げ腰だったという。威勢のいい安倍官房長官談話って、何だったんでしょう。パフォーマンスでごまかしただけだったということだろう。

=======================
その時、小泉官邸は蒼ざめ怒声が飛んだ>

竹島海域調査は「海保・若手官僚のクーデター」だった!

韓国側の「日本人漁民射殺」にも弱腰外交で決起

危機は予想されたことだった。竹島をめぐる日韓の対立が先鋭化する一方で、小泉官邸は見て見ぬ振りをしていた。「このままでは日本の領有権はどうなるのか」と、この国で唯一、領海・沿岸警備にあたる海上保安庁には焦りと不安が鬱積していた。そして竹島「海域調査」を決断した。政府内は《海保のクーデター》と震撼した。外務省は慌てて事務次官をソウルに派遣した。折しも、防衛庁長官はアメリカにいた。知られざる内幕ドキュメントをお伝えする??。
====================== 


参考資料→極右評論

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home