土曜日, 4月 01, 2006

■前原民主党自滅。総辞職で小沢ー菅体制へ移行か。

人気blogランキング←click here!!!





■前原民主党自滅。総辞職で小沢ー菅体制へ移行か。
前原民主党が完全にギブアップの模様だ。当然と言えば当然のことだが、それにしても決断が遅すぎたという他はない。京都の男ってこういうものなのかと絶望的な気分で眺めていたのだが、やはり政治家とヤクザはけじめが肝心だということだろう(笑)。あの手この手の姑息な手段を駆使して、たとえば敵の力を借り手までも、のうのうと生きのびようなどということは許されないことだし、国民としてもそういう生きき方を許してはいけないことだろう。昨日は、小沢、渡部、羽田、綿貫という旧竹下派の古参代議士の面々が極秘会談をして、今後の政局に関して情報交換したらしいが、これが引き金になったのだろう。僕は、小沢や菅が、前原や、テレビ漬けの前原チルドレンと思われる幼児的な代議士など、要するに二度と顔もみたくもないような連中に代わって。民主党の顔として登場してくるのは大歓迎だ。前原民主党と瓜二つの小泉自民党のチンビラ一派など蹴散らしてもらいたいと、切に願う。

人気blogランキング←click here!!!




■「つくる会」紛争で新しい展開。八木会長復活だって…。
八木会長追放から、西尾幹二絶縁宣言への一連の動きから、次第に明らかになった「つくる会」騒動だが、この内紛劇はますます混迷の度を深め、一般会員をも巻き込んで迷走に迷走を続け、今度は、一般の地方会員などからの突き上げで八木前会長復帰へ向けての逆クーデタが起きたらしい。その結果、西尾幹二氏などに続いて、八木追放後、いつの間にか副会長に復帰していた藤岡氏なども会を去るようだ。これは、一説では西尾幹二氏などの影響力を排除しようというグループが仕掛けた逆クーデタらしい。むろん、その背後には産経新聞や自民党小泉一派などもいるのかもしれない。しかしいずれにしろ、会長を更迭された人が、それほど時間を経ずに、あっさりとまた会長復帰とは…。西尾が院政を企んでいる…とかいう産経新聞のガセネタ報道に怒って、「つくる会」との完全な絶縁宣言をした西尾幹二氏のように、さっさと去る方がまだましというものだろう。今更、会長に復帰し、今度は逆に西尾や藤岡との訣別を宣言してみても、さらに恥の上塗りになるだけだろう。クライン孝子のような耄碌寸前の野次馬が喜ぶだけだろう。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home