木曜日, 3月 23, 2006

■読者から・・・WBC、あるいは松井とグローバリズムについて。

人気blogランキング←click here!!!

読者から・・・WBC、あるいは松井について。 2
======================
コメント:●●から送信です、山崎さん、松井の件についてご案内します貴方は少し、誤解をしていると思いますよ、貴方は松井がなぜ参加しなかったか、知ってますか、本当に知って書いているんであればかまいませんが、知らないのにただ貴方の感情論で皮肉的な批判めいたことを書かないでもらいたい、私は富山の高野連の関係で石川星稜との関係もあり、、故郷 根上町で後輩の松井から直接聞きましたが、すべてはお話出来ませんがヤンキースの関係の関係もあるんです、アレックスがアメリカの代表で出ましたが、これもヤンキースの指導に基づいて参加しているんです、松井個人の問題では決してないことを報告します、王さんに送った松井君の手紙の内容も知っていますが王監督は心より理解していただきました、後日、王監督より電話もあり、心から理解があったことを報告します、大変失礼なことを申し上げたこと、お許しください。
======================




●(from-山崎行太郎)

コメント、ありがとうございます。申し訳ありませんが、小生は、人並みに…(笑)、野球に関しては詳しいです。「野球馬鹿」「野球基地外」とは言いませんが。はい。貴兄が書いておられるような内部情報なども、別に普通の日本人なら、誰でも知っているはずですよ。いずれにしろ、小生は、ただ、お追従記事しか書かなくなった昨今のスポーツ・ジャーナリズムの貧困にうんざりしているだけです。「週刊新潮」には、松井も、「王ジャパン」ではなく、「長島ジャパン」だったら出ていたかもしれない…なんて記事が出ていますね。この情報は事実ではないとしても、かなり真実に近い情報ではないでしょうか。とすれば、何をかいわんや、ですね。これは王監督個人への冒涜以外の何モノでもないでしょう。まさか、松井は、すでに自分は王を超えたとでも思っているんでしょうか。小生は、松井に関しては好きでも嫌いでもありません。したがって感情論で松井批判を書いたのではなく、現実問題として書いただけです。人生は、どこに落とし穴があるか分からないよ、と。松井も、今は、「国家レベルの行事より、個人やチームを優先した…」判断を忸怩たる思いで後悔しているはず…。いずれにしろ「王バッシング」や「イチロー・バッシング」に狂奔する、いわゆる巨人派、松井派の視点満載(笑)の「週刊新潮」のインサイド情報が事実でないことを祈りますよ。

人気blogランキング←click here!!!


■読者から・・・WBC、あるいは松井について。 1


======================

Subject: WBCの件について

Sent: 2006年3月22日 12:52:25

 前略

 山崎行太郎様、こんにちは。いつも「毒蛇山荘日記」を拝見しております。 この「毒蛇日記」でスポーツの事が取り上げられるのは珍しいですが、やは り世界大会での優勝というのはそれだけ大きなことなのだと感じています。 このWBCが始まる前はそれほど世間の関心度も高くなかったのですが、あ の「誤審騒動」から一気に注目が集まったようにも思えます。さらにこのWBC はメジャーリーグ機構が自分達の宣伝のために主催した、という面もあった のですが、最終的に決勝に残ったのがメジャー選手が二人の日本と、亡命 メジャー選手抜きのキューバとなりメジャーリーグは面目を失う結果となった という事も逆に関心度を高める事につながったようです(両方とも皮肉な結果 ではありますが)。
 またヤンキース松井選手に関してですが、松井選手の場合はやはり「出な かった」と言うより「出られなかった」というのが正確な表現であろうと思いま す。同じくヤンキースの王建民投手が台湾代表に参加の意思を表明してい ながら土壇場で不参加となった件を考えても、やはりチームから「出るな」と 言われたのでしょう。一応参加したジータ、A.ロドリゲス、デーモンの各選手も 逆に米国チームの足を引っ張ることが多かったようですし。「時間が許す限り 試合を見ていた」というコメントからも、本当はやっぱり出たかったのでは? とも感じられます。今後についてですが、面目をつぶされたMLBとしても逆に 「やっぱりやめる」とは言えない状況になってしまった様に思います。やはり 今回は他国の代表チームをなめていたのではないでしょうか。どのような形 になるにせよ、次回は米国も準備を万全にせざるを得ない事になったのは 次回が楽しみになったともいえます。サッカーW杯も第一回の参加国は 13カ国に過ぎなかったそうなので、今後はとにかく回数を重ねる事で権威を 高めていく事と思います。代表参加問題にしても、今後は選手が皆「自分を 出してくれ」と言う様になるのではないでしょうか。
 ではこれで失礼します。これからも「毒蛇山荘日記」を楽しみにしておりま す。 草々
=======================

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home