火曜日, 3月 21, 2006

■久しぶりに野球を本気で見た。WBCで優勝。

人気blogランキング←click here!!!


■久しぶりに野球を本気で見た。WBC、キューバとの決勝戦だ。テレビをつけるとすでに「6対1」と出ている。うん、コレで安心だな、と選手もベンチも思っているらしく緊張感がない。もちろん、僕もそう感じていた。しかし、これは危ない徴候だな、ここで引き締めないと罠にはまるぞ、と思っていると、キューバがちょつした隙をついて反撃開始。アツというまに一点差。ニヤついていたベンチの顔が引きつり始める。

よくあるパターンだなあ、と思いながら見ていた。それにしても解説の水野馬鹿さ加減には驚く。点差が開くと安心。点差が縮まるとあわてる…(笑)。平凡な一野球フアン以下のステレオタイプなお話。

しかし、一点差に追い詰められてからの「大塚」、「イチロー」の大リーグ組の気迫には感動した。さすがにプロの中のプロと見直した。いい試合だった。

多くの人が感じていたことらしいが、僕もイチローが好きな野球選手ではなかった。成績や実績は認めるが、スター選手としての価値はないと思っていた。このWBCも、松坂とちがつてイチローは活躍できないだろうと思っていた。

それにしても松井はどうしたのだろう。馬鹿な奴だよな。こんな一世一代の「檜舞台」を、自分から降りるんだもの。たしか王監督は、何回も頭を下げたはずだが。こういう結果になることは予想外だったのだろうか。某女優との結婚話も、いつもトボケて話を誤魔化しているが、この男は、何か勘違いしているとしか思えない。

松井は、藤田元巨人監督の葬儀にも出席せずに、その日かその翌日か、渡米したようだが、「グローバリゼーションの旗手」気取りももう通用しないだろう。人間というものは不思議なものだ。どこに「落とし穴」があるかわからない。

このWBCで、僕がいちばん考えたのは、実は、松井のことだつた。なぜ松井は辞退したのだろう。どういう計算があったのか。事前の予想では、日本の優勝確率は「2%」だったらしい。松井が辞退した理由がこの「日本の優勝確率は2%」だったとしたら(笑)。結果論だが、泣くに泣けない喜劇だよな、松井君。

==========================
米国ファンのWBC優勝予想(MAJOR.JP編集部)
 事前の予想では優勝する可能性は、日本はたったの2%だった。
 米国   52%
 ドミニカ 31%
 キューバ  9%
 その他の国 6%
 日本    2%
===========================

人気blogランキング←click here!!!

1 Comments:

At 22.3.06, Anonymous 匿名 said...

>この男は、何か勘違いしているとしか思えない。

こちらにももう一人いらっしゃられるようです。

Sankei Web 速報一覧20:37
イチローの栄誉賞は見送り。WBC「全員頑張った」と首相。過去2度打診も辞退の経緯を指摘し「今回はどうかね」。

 

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home