金曜日, 3月 24, 2006

コメント欄のこと忘れていたら、こんなコメントが来ていました(笑)。

これが、安倍晋三批判を書いた拙ブログのエントリーへのコメント…。こんな稚拙な「誹謗中傷」(笑)が、僕に通用すると思っているのだろうか。僕も舐められたものだなー。(↓↓↓)
人を誹謗中傷するようなあなたの文面には気分が
悪くなります.トリノの時もそうです.
私も反小泉の立場ですし、全面的に安倍さんは支持していません。しかし安倍さんの学歴などを馬鹿にするようなあなたの文面は気分を害します.
一度,自分のblogを読み直してみて、自分の品性を見つめ直してはいかがでしょうか?
13.3.06


以下が、僕の回答です。(↓↓↓)
yamazakikoutarou さんのコメント...
いつも「ご自分を」見つめなおしています。いつも気分は最高ですが、何か?(笑)。お上品な阿諛追従のブログが読みたければ、外を探してくださいね。幼稚な子供染みた馬鹿はこのブログを読むぺかからず…です、はい。
気分が悪くなるような愚鈍な知性の持ち主は、拙ブログなど読まずに、さっさと消えて、もっと上品で楽しい軽薄ブログでも読んで自己満足してくださいね。はい、さようなら。
さて、安倍さんの学歴についてですが、学歴を問題にするのは当然でしょう。何故、隠さなければならないのですかねー。その方がおかしいでしょう。一国の総理になる、と手を挙げている人が馬鹿でもいいのですか。つまり厳密に言えば、安倍さんの学識、識見、能力が問題なのです。それが彼の学歴に象徴されていなければ幸いですね。
竹下、橋本、細川、羽田、村山、森と、総理大臣が「私大出」ばかりになって以降の時代を、「失われた10年」とか、「失われた20年」と呼ぶ日が、おそらく来るでしょうね。そしてその原因の一つが、総理総裁の学識識見能力の欠如だった、ということになつたりして・・・。
さて、あなたは、人間は学歴じゃない? と言いたいのでしょうか。
それなら、一国の命運を握ることになる総理総裁となるべき人間は、顔や人気で選ぶべきではない・・・と言っておきましょう。学歴と顔、どっちが大事ですか。
24.3.06

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home