土曜日, 3月 11, 2006

内外からの麻生バッシングは何を意味するのか?

人気blogランキング←click here!!!


「ポスト小泉は安部に決まり」と言われていた頃の安部晋三からは想像も出来ないようなスキャンダルが次々に暴露され、その政治的命運に暗い影が差し始めている。たとえばヒューザー耐震偽装疑惑での政策秘書の斡旋疑、暴力団とのつながり、あるいは秘密の後援会とライブドア事件の自殺者(他殺)野口某疑惑、などなどによる安部人気の衰退は激しい。

それとともに、それに取って代わるようにポスト小泉の有力候補として台頭してきたのが麻生太郎である。麻生太郎の連日の対中強気発言も、小泉政権下での数々の「安部の裏切り」を強く感じはじめている保守層の多くの間では、逆に麻生人気爆発の原動力となりつつある。

僕自身は、麻生の連日の、靖国問題や南京事件、あるいは台湾問題などに関する、かなり単純な暴走発言の連発にはあまり好感を持っていないが、麻生が、現在の日本や日本人のホンネを代弁していることには間違いはない。

さて、その麻生に対するバッシングが、中国だけで沸き起こっているかと思っていたら国内からも沸き起こっているようだ。昨日発売の某週刊誌が、麻生太郎のアメリカにおける「核武装発言」を取り上げて、アメリカ政府関係者も驚愕、というテーマで麻生バッシングとも取れる特集記事を掲載している。この麻生バッシングを見て、ウーーンと唸った人は少なくないだろう。これは、ポスト小泉をめぐる「つぶしあい」「足の引っ張り合い」だなあー、と。

週刊誌が、これだけ大々的に取り上げるのは、谷垣禎一の中国買春疑惑スキャンダル以来だろう。谷垣スキャンダルの場合も、その記事掲載のタイミングから考えて明らかに政治的謀略記事だったが、今回もそれ臭い匂いが濃厚というしかない。すばり、安部一派の仕掛けだろう。

「谷垣つぶし」に続く「麻生つぶし」の謀略記事が、今回の麻生の「核武装発言」スキャンダルだろう。麻生自身は、必ずしも「核武装論」を積極的にぶち上げたわけではないらしいが、そもそも日本の保守政治家が「核武装発言」をしたのを取り上げて政治スキャンダルに仕立てる某週刊誌の編集姿勢がヘンである。暴走発言ではあろうが、別にスキャンダルになるような発言ではなかろう。

ところで、麻生は最近、靖国問題に関して「A級戦犯分祀論」を発言しているらしい。その真意と意図は何処にあるのか。これまた謎である。麻生も小泉の対中和解政策の先導役をやらされているのかな。

人気blogランキング←click here!!!

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home